寿司ランキング

2017年04月23日

お客様が激怒!

【お客様より激怒!?】

ことの発端は………。

強面のお客様が、
新香巻を注文された。
数分後、お客様に新香巻を提供した。


少しして、
「この巻物、海苔がしなっているぞ!」
「ここの寿司は巻貯めした物を提供しているのか?」

私「いいえ。ご注文から巻きたてを提供しています。」

「現に、海苔がしなっているだろ!」

私「申し訳ございません」

私「新しく巻き直します」

数分後、巻きたてを提供した。
巻いた新香巻を眺めて
「………これは大丈夫だ!」
「本来はこれが本当の注文した商品だろ!」
「流れている物を取った訳では無いんだから」
「流れている物を取ったんなら、自分の責任だけど、今回は違うだろ!」
「そうだろ?」

私「おっしゃる通りです」

「俺は昔からここの寿司を食べているんだ。」

「最近、ダメだな!!」

「昔は、座れないくらいのお客さんがいたのに。」

「今は、すぐ座れるだろ!」

(そうなんですよね…(心の声))
(日にもよるけど、今日は特に暇な日だった)

「そういう事からちゃんとしないと、
お客さんは、来なくなるぞ!!!」

私「申し訳ございません」


厳しいひと言を頂きました。

でも、その通りなんで返す言葉もありませんでした。


多分、たくさんのお客様が思っていることだろう。
こうやって、言ってくれるのには、

「俺はここのファンだから、
もっと良くなってほしい。
だから、厳しく言うんだ!」

と感じます。


あなたも、行きつけのお店が少しでも、いつもと違う感じがしたら……。
【ファン】なら注意してあげてください。


アンケートに書いてあげて下さい。


【今日の出来事でした】
お読み頂きありがとうございました。
posted by 武路クラブ at 14:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

無言の威圧!肌にビンビン伝わる!

こんにちは。

色んなお客様が来店されますが、
アナログ回転寿司での悩みがあります。


今どきの回転寿司は、ハイテク化していて、
タッチパネルが主流ですよね!


レーンの中ではほとんど握らないのが、
もう当たり前の時代。

そんなアナログ回転寿司では、お客様が
注文用紙に商品を記入して、板前さんに
差し出す方法が主流!
「古い!」
「出すの面倒くさい!」

色んな意見がありますよね!


先日の出来事!


常にお客様にむかいあっているわけでは
ないので、お客様の注文用紙に気が付かない
こともあります。


ひと言声を掛けないといけないのですが、
無言のお客様も多い!

こんな感じ…………。
↓↓↓↓↓↓↓↓
2013-0915-1.jpg

「おい!」
「やーー!」
「あーーっ!」
「HAY!」などと短くてもいいから、
音を発してほしい。


まれに、お寿司のベルトの上を、
ご注文用紙が廻っていることもある!


「何かしらの音を発してくれ!」
「気が付かないのも悪いけど、頼むからひと言声を……」
「ちょっとの間、気が付かないからって、怖い顔しないで」


あなたも、アナログ回転寿司でご注文するときは、
何かしらの音を発してね!

よろしくお願いいたしますm(_ _)m



ありがとうございました。
posted by 武路クラブ at 16:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

回転寿司だけど魚ばかり食べないでね

こんにちは。
札幌にも春が訪れてきました。
日々、暖かさを感じています。


新聞の1面に、ホタテが不漁!と載っていました。
IMG_20170416_095713.jpg

ただでさえ、イカも値上がりしている最中、ホタテまで不漁により、値上がりすることになるとは!


原価が高くなってきています。
利益が少なくなってしまいます(涙)


今の時代、回転寿司屋は、
儲からなくなってきています。

魚が高いから、あなたの好きな、
ツナマヨ、コーンマヨなどの、
一次、二次加工品で、利益を作ら
ないと、黒字は維持できません。


手を変え品を変え、あらゆる手段を
使わないと、すぐに利益が無くなります。


100円寿司屋でも、サイドメニューに
力を注いでいる店舗も多くなってきています。


寿司屋で、ラーメン?コーヒー?
サラダ、ピザ、グラタン、
もう、回転寿司では無く、ファミレス化
していますよね(笑)


魚を食べさせないで、サイドメニューを
食べて頂き、利益を確保しています。


魚ばかり食べないでね(笑)

ありがとうございました。



タグ:回転寿司
posted by 武路クラブ at 11:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする